★不安症の悩み、苦しみを解決する

 

神経症を発症する方はある程度、遺伝的な影響もありますが、より重要なのは性格的要因です。 

第一に内向的で自己内省的、第二に小心、敏感、心配性、小さな事にくよくよしやすい、

第三に完全主義、理想主義、負けず嫌いなどの特徴があります。 

つまり、弱気な要素と強気な要素をあわせ持った性格であるため、強気な自分が弱気な自分を許せず、心の葛藤を引きお起こしやすいタイプといえます。 

 

不安感の強い神経症の人の基本的な性格特徴は、次の4つになります。

 1)自己内省的、理知的、意識的である 長所反省心が強く、まじめで責任感が強い。

  •短所自己の心身の現象を細かく分析し、わずかの弱点・欠点をも過大視し、劣等感をいだく。

      観念的理想主義。

  

2)執着性が強い 長所ねばり強く、忍耐強い。

  •短所物事にこだわりやすく、融通がきかない。

  

3)感受性が強く心配性 長所こまかいことによく気がつき、人の気持ちを思いやる。

  •短所不安や苦痛に過敏となり、取り越し苦労する。行動は消極的、タイミングを失う。

  

4)欲望が強い 長所向上欲・完全欲が強く、努力を惜しまない。几帳面。

  •短所完全主義に陥りやすく、不完全に悩む。

 

よく知られている神経症傾向としては、何か困難なことがあった時に敏感に反応する傾向で、自分の感情をコントロールできない、ストレスへの対処が下手だとする特徴があります。

その他、不安に陥りやすいこと、怒りやイライラ、抑うつ的などを経験しやすい事も挙げられます。

あるいは恥ずかしい、ひやかしに敏感で、劣等感をもちやすい。衝動的で、欲求が強く、怒りをコントロールしにくい傾向があるといわれています。 

 

神経症には様々なタイプや症状がありますが、共通しているのが「不安」という感情です。そのため、不安は神経症の基底感情といわれる事があります。この基底感情である不安と、その人の不安に対する不適切な対処とがあいまって、さらに不安がつのり、様々な症状が固定化したのが神経症です。また神経症の症状は、普通、健常者が体験するような現象と質的な隔たりはありませんが、その強さや持続時間が際立っています。

 

例えば不潔恐怖の人なら、何時間も手を洗うとか、確認恐怖であれば、何度も鍵をかけたか確認する等、日常生活に大きな支障をきたしている場合、神経症の障害であると考えられます。 

 

★神経症のタイプ

 

社会不安障害(恐怖症)

いわゆる恐怖症(社会不安障害)と呼ばれる神経症です。大勢の前で話をしたり、初対面の人と合うと緊張したり、恥ずかしいと思ったりするのは日常的に誰もが経験する事です。しかしこのような状況や行為から生じる不安や緊張、身体の症状が、日常の会話や発言にまで支障をきたすほど著しくなり、そのような社会状況や行為を避けたくなってしまい、結果、学校や会社に行けない等、社会生活に支障が出てしまう状態です。 

症状としては、いわゆる「対人恐怖」「赤面恐怖」「外出恐怖」等々、不安や緊張、身体的症状から人や社会から接触を避けるような状態が多いようです。社会不安障害には、大きく2つの種類があります。 

 

広場恐怖

普通は危険ではないが、特定の状況や対象によって強い不安が引き起こされる病態です。例えば、広場のような人が多くいる空間、街中の雑踏、電車やバス等の乗り物など、種々の空間に対する恐怖症です。 

 

社会恐怖(対人恐怖)

対人恐怖とも呼ばれ、人前で発言したり、字を書くときに手が震える等、他人から注目され、批判されたり恥ずかしい思いをするのではないか、というような恐れがその中心にあります。

社会恐怖は、その病状から赤面恐怖、表情恐怖、視線恐怖など種々の状態により恐怖する内容が異なるようです。また蛇やクモ、地震や雷、暗闇、閉所、血液、怪我の目撃など特定の対象に対する恐怖もあります。 

 

パニック障害と全般性不安障害(不安神経症)

恐怖症とは異なり、特定の状況に限定されないで、不安が出現する症状です。主なものに、パニック障害と全般性不安障害の2つがあります。  

 

パニック障害

パニック障害は、パニック発作の反復を特徴とします。パニック発作は不安発作とも呼ばれ、「このまま死んでしまうのでは」「気を失って倒れてしまうのではないか」など強い不安や恐怖と共に、動悸、頻脈、胸痛、吐き気、発汗、めまい、呼吸難感など種々の自律神経症状が突然出現し、その状態が数分~数十分持続するものです。患者はしばしば病院に駆け込むのですが、たいていの場合、着いた頃には症状はひとりでに消失します。 

 

全般性不安障害 

例えば「何かの病気になるのではないか」「家族が病気になるのでは」など、様々なことが心配になって落ち着かず、常に緊張してリラックスできない上、震え、筋肉の緊張、発汗、めまい、頭のふらつきなど多彩な身体症状を伴います。

 

強迫性障害(強迫神経症) 

強迫行為は、強迫観念に伴う不安を打ち消すため、自分でもばかばかしいと思いながら、繰り返さずにはいられない行為の事です。

例えば執拗な手洗いや入浴、鍵など危険や見落とし、縁起等の確認行為等が最も一般的です。 

 

気分変調症(抑うつ神経症)

不安や恐怖など一般的な神経質症状と共に、憂鬱な気分や心が晴れないなどの軽いうつ状態が続きます。最近では、大うつ病(単極性うつ病)との違いを、うつの程度と持続期間によって区分され、気分変調症(抑うつ神経症)は、「二年以上に及ぶ慢性の軽うつ状態を示す」状態を呼びます。気分変調症の場合には、大うつ病の患者に比べ、一般的に病識は保たれている反面、神経質的な性格から心理的な葛藤が生じやすい傾向を持ち合わせている場合が多いようです。

 

解離性障害(ヒステリー性神経症)

この障害は、何らかの精神、身体的機能が意識から解離して意思によるコントロールが失われた状態です。従来はヒステリーと呼ばれていました。

一般的に、背後には解決困難な問題や対人関係の葛藤など心理的原因が認められます。しかし本人はそれを否認する傾向があります。例えば、最近のつらい出来事の記憶が部分的に失われたり、身体に病気がないにもかかわらず、麻痺して立てない、歩けない、声が出ないなどの運動障害やけいれん、知覚の麻痺などを生じます。 

 

身体表現性障害

身体表現性障害は比較的新しい名称です。このグループの特徴は、身体的な基盤がないのに、身体的な症状を訴え「何も問題ない」と保証しても、繰り返し求めて原因を執拗に追求するタイプです。 

 

身体化障害

これは女性に多く、身体の色々な部位に症状が起こり、しばしば変わるというのが特徴です。よくあるのは消化器系の痛みや吐き気、皮膚の異常感覚など。タイプ的には、ヒステリーに近いといえます。 

 

心気障害(心気症)

がんのように重度な病気にかかっているのでは、という頑固なこだわりがあり、執拗に検査や診察を求めるという傾向があるようです。また自分の顔がひときわ醜いとか、体型がひときわ見苦しいといった非現実的な考え方にとらわれる恐怖症も、このタイプに含まれます。 

 

身体表現性自律神経機能不全

これは自律神経のある系統に限ったところに気質的な問題があるかのようにして起こるもので、自律神経失調症と言われているような症状です。これには心臓神経症、胃腸神経症、過敏性腸症候群、心因性の咳きや頻尿など色々なものが含まれます。  

 

持続性身体表現性疼痛障害

これは慢性疼痛といわれ、実際には体に気質的な痛みの原因の基盤がないのに頑固な痛みが持続するのが特徴です。 

 

離人性障害(離人神経症)

通常は離人症と言われています。本来は、ヒステリーと同じように病気として扱われていましたが、離人感の強い神経質もいますので、この様に呼ばれています。

 

離人症とは回りに沢山の人がいても、離人感が強く、孤独を感じる症状です。 

 

不安症の悩みを解決する為のカウンセリングの流れ

(1)貴方の心と体の現在の症状が起きている、原因は貴方の気質と性格が原因で起こってしまっていると考えてください。

貴方の現在の症状を治すためには貴方の「どの気質が原因になっているのか」、「どの性格が症状を重くしているのか」をしっかり把握する必要があります。

私たちの相談ルームでは、うつ症も自律神経失調症も必ず完治させることをめざし徹底した診断と施療を行います。

貴方の心と体の症状を治すために、

  1. 貴方がご先祖様からDNA/遺伝子の形で、引き継がれたの気質の診断調査分析
  2. 貴方の育ってこられたご家庭や学校その他の環境で育まれてしまった性格の診断調査分
  3. そして貴方に降りかかるストレスに対する自己対応力の診断調査分析
  4. 貴方の他者とのコミュニケーション能力の診断調査分析
  5. 最後に貴方様にとって最も大切な事は心の中で「本当はこう生きたい」「こんな風になりたい」と思っている潜在意識を引き出し、あなたにしっかり自己認識していただく「本当の自分、発掘診断」をします。

以上の心理カウンセリングの手法で貴方様の悩みの原因がほぼ100%明確になります。

 

(2)明確になりましたら、

  1. 原因を取り除く為の性格改善ご指導サポート
  2. 気質の発言の自己コントロール法取得ご指導サポート
  3. ストレスを受けにくくする対応法ご指導サポート
  4. 他者とのコミニュケーション能力の向上ご指導支援サポート
  5. 貴方が今後「こういう生き方をしたい」「このようになりたい」を明確にしてその望みをかなえる為の一歩一歩の登る階段や手順のすべてをカウンセラーが一緒に実現のご指導とサポートをいたします。貴方の「こうなりたい、こんな風に生きられたらいいなあ」は貴方の成長と共に少しづつ変化はしますが、原点は変わりません。

私たちの相談ルームでは、お悩みの完全・完治を常に目指し、取り組んでいます。

ご相談者の方が「ありがとう!本当に良くなりました、改善解決しました、本当にありがとう」の声をいたたくまでカウンセリングそしてご支援をいたします。ご安心下さい。

 

 

現在みなさまへの「感謝のキャンペーン」中でカウンセリング料も特別割引料金でお手軽な料金になっています。

 

当相談ルームでは直接お逢いしての面談カウンセリング又は固定電話・携帯電話・スマホ・スカイプを使ったご相談、どちらでも選択可能です。

 

  「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&カウンセリング
あおぞら
心理カウンセラー養成スクール「あおぞら」アカデミー
松下愛ノ助
携帯電話の場合 080-3397-2297
ホームページ http://ai-aozora.com/