天命と天職を知り人生充実

 私はこれまで約30年間で8000人以上の方の人生相談や心理カウンセリングをさせていただきました。その中で20歳代から40歳代の方のいわゆる「自分探し」そして「自分の天命と天職」に関するご相談の多さにいまさらながら驚いています。大量生産の時代から少量多品種の時代、情報化社会への変革があまりにも急速にすすみ、世の中の流れが大きく変わった事の影響は今後10年〜20年間は続くのではないかと考えています。

 しかし良く考えますと大量生産の時代より個人1人1人が自分の好みや、考え方をネットを使ってですが、主張し始めてきました。そのため横並び式の生き方より自分らしい生き方をしたい人が、非常に増えてきていますし、また自分らしい生き方をしている人へのエールや実際の支援も想像以上に活発になってきています。農業や魚業、畜産、家具、工芸、教育などあらゆる分野で個性的な才能を発揮して頑張って生きておられる方がめずらしくなくなってきました。当院ではそのような「自分探し」を真剣に考えておられる皆さんの思いによりそって、それぞれの方の「天命と天職をしっかりと掴み取りたい」というご意向とご期待にお応えするべく、全力でサポートをさせていただきます。

「天命とは」

 もともと天命という思想は、古代中国でも王朝や家系の盛衰にかかわるものであったが、やがて全ての人に一部分とは言え天命が分与されているという考え方が広まり、「天命がひとりひとりの人間の運命をも支配している」と信じられるようになってきた。天命がその時代を支配する人間や組織の命運を決定しているように、ひとりの人の人生の長短も、人生のできごとの良否も天命によって定められている、と考えられるようになったのである、かくして孔子は自著の「論語」(紀元前551年‐紀元前479年)の中の言葉として「五十而知天命」(五十にして天命を知る)という天命そのものの存在を認める、貴重な言葉をあらわしたが、孔子自身も含め、自分の天命、天職を知りたいという人々の思いは数千年前も今も変わっていない事を、私自身も実感として日々感じています。

 

天命と天職を知り人生充実
相談&カウンセリングコース(手順)

i

▼ 生涯発現自己気質の確認。

  1. 貴方が生まれながらに持つ気質をSAT法の生涯発現自己気質調査で確認、分析致します。

▼ 感動、得意、喜び体験の抽出整理

  1. 次に幼児期から少年期まで間、感動した事やうれしかった事、得意だった事など、カウンセラーとの問答から過去の記憶をたどっていただき、そのデータを整理・分析し、貴方の心の声を探ります。

▼ 貴方の現状における、価値観や行動特性、感じ方の特徴を確認します。

  1. さらに貴方自身の価値感や行動特性、周囲の人々との関係性、依存心など、生きる力の根源となる自己イメージの形成要素、特質を確認する為の心のチェック、分析を致します。

「自己価値観尺度」
「自己抑制型行動特性尺度」
「情緒ネットワーク認知尺度」
「問題解決型行動特性尺度」
「対人依存型行動特性尺度」
「不安傾向度尺度」
「抑うつ度」
「ヘルスカウンセリング必要度尺度」

▼ 一霊四魂の理論を元に「貴方の人生を貫く天命」を発掘します

  1. 日本古来から人の天命について論じられた一霊四魂の理論を元に「貴方の人生を貫く天命」を見つけ出します

一霊四魂の歴史 

聖徳太子と一霊四魂

 

 日本に存在する魂の考え方で、日本書紀にその記述があることは知られています。
 西暦720年ですから、今から1300年前には既にその一霊四魂の考え方が存在していたことになります。
 現代心理学に5因子論という考え方がありますが、これは1990年に米国のゴールドバーグ博士が発表した理論で、全世界で通用する理論とされています。
 
人間の性格は 
 (現代心理学に5因子論)・外向性 ・親和性 ・感情的安定性
             ・知性 ・良心
             からなっている、というもの。これが
 (日本の一霊四魂)   ・勇(荒霊) ・親(和霊) ・愛(幸霊)
             ・智(奇霊) ・省(直霊)
 
と見事に一致しているのです。統計学もコンピュータもない1300年前に、日本人はすでに現代の科学が証明したことを知っていた訳ですから、驚きますね。
 
 日本書紀に、聖徳太子が一度に10人の話を聴き分けた、という逸話が記されていますが私は子供のころ、聖徳太子を取り囲んだ10人が一斉に、自分の意見を発し、聖徳太子は,その10人の意見を全て同時に聞き分けたという意味だと信じていました。
 
 しかし良く調べてみると違うんですね。
 
 それぞれ10人が、聖徳太子のある問いかけに対し、自分の考え方を次々に発してきますが、1人1人がどういう根拠でそれを言っているのかが手に取るようにわかっていた、という意味なんですね。一霊四魂のことはマスターしていて、それぞれの人物の特質を全て掴んでいたということでしょう。
 
 漢字の「聴く」という文字は、「耳」「十」「四」「心」からなっていますが、「十」は、全て、完全な、という意味です。
 完全な4つの心(四魂)で聞くことを「聴く」というんですね。
漢字を考え作り出した人々の深い知性と教養にいまさらながら、驚かされます。
 
 一霊四魂とは心は、天と繋がる一霊「直霊](なおひ)と4つの魂から成り立つという考え方で、一霊四魂(いちれいしこん)と呼ばれています。「一霊四魂」は、幕末から明治の国学者・本田親徳(ほんだ ちかあつ)によってあらわされたといわれています。また、本田の弟子の長沢雄楯(ながさわ かつたて)の弟子であった出口王仁三郎は、人間の心だけではなく森羅万象がこの一霊四魂から成り立っていると説き、一霊四魂に関する多くの著作を残しました。
 「一霊四魂」とは、人間の心は4つの魂から成り立っており、それらを1つの「霊」がコントロールしているという考え方です。それぞれの魂には、「荒魂(あらみたま)」、「和魂(にぎみたま)」、「幸魂(さちみたま)」、「奇魂(くしみたま)」という神様の名前が付いており、それらを統括するのが1つの霊で、直霊(なおひ)である。これが人間の一霊四魂という「心の構造」であるという考え方です。
 荒魂には「勇」、和魂には「親」、幸魂には「愛」、奇魂には「智」というそれぞれの魂の機能があり、それらを、直霊(なおひ)がコントロールしている。分りやすく表現すると、勇は、前に進む力、親は、人と親しく交わる力、愛は、人を愛し育てる力、智は、物事を観察し分析し、悟る力であるということです。
 これら4つの働きを、直霊がフィードバックし、良心のような働きをします。例えば、智の働きが行き過ぎると「あまり分析や評価ばかりしていると、人に嫌われるよ」という具合に反省を促す。つまり、この直霊は、「省みる」という機能を持っています。
 
四魂の機能について
勇 - 荒魂(あらみたま)
 「勇」は荒魂の機能であり、前に進む力である。勇猛に前に進むだけではなく、耐え忍びコツコツとやっていく力でもある。その機能は、「勇」という1字で表される。行動力があり、外向性の強い人は荒魂といえる。
親 - 和魂(にぎみたま)
 2つ目の魂の機能は和魂であり、親しみ交わるという力である。その機能は、1字で表現すれば「親」である。平和や調和を望み親和力の強い人は和魂が強い。
愛 - 幸魂(さちみたま)(さきみたまとも呼ばれる)
 3つ目の魂は幸魂であり、その機能は人を愛し育てる力である。これは、「愛」という1字で表される。思いやりや感情を大切にし、相互理解を計ろうとする人は幸魂が強い人である。
智 - 奇魂(くしみたま)
 4つ目は奇魂であり、この機能は観察力、分析力、理解力などから構成される知性である。真理を求めて探究する人は、奇魂が強いといえる。

■ご相談者の声 

元製薬メーカー(プログラマー)勤務 32歳 男性
 国内製薬メーカーの社内システムのプログラマーとして、7年間勤務しました。毎日コンピューターと無言の会話で機械のように働き、残業も月30時間以上はざらで,趣味の山女釣りも中々行く気力がうせてしまい落ち込んでいました。このままではいけない本当に自分がやりたい事は別にあるはずだと考え始めたのは2年前です。同僚のK君が会社を辞めて実家のある千葉で元々好きだった植物採集や土いじりをしながら働ける仕事として、野菜の水耕栽培を彼女と立上げ現在栽培から販売迄一貫して地元中心で頑張って収入もサラリーマン時代を超え楽しく暮らしている事を知り、K君が相談から決断・計画・実行までサポートしてもらった、「あおぞら」さんに僕も相談しました。相談から気質調査、自分の生き抜く素養調査、一霊四魂調査等、本当の自分探しに3日間通い最後の4日目で新しくチャレンジする職種の絞込み迄、やり上げました。その後崖っぷちに自分の心を追い込む為、大目標から実践計画の小目標までカウンセラーの方と一気に策定して3ケ月後会社をやめ、現在小学生の勉強と遊び、スポーツを複合した放課後こども教室を妻と2人で運営しています。土日は必ず休み、最近買った中古のキャンピングカーで自分の家族や教室の子供達の家族の方たちと釣りやキャンプを楽しんでいます。なんと言っても家族が一緒に過ごせ、毎日が充実しています。「あおぞら」さんに行った事で無駄な試行錯誤の期間が無くスムースにここまでこれて本当に良かったと思っています。

元広告会社営業 36歳女性 現在主婦兼料理研究家

 都内で広告企画会社に勤務しシテイホテルの飲食関係やデパート内の飲食関係の店舗の営業企画担当として働いていました。仕事は毎日変化や刺激がありそれなりに楽しく、ノルマの受注もこなし充実していました。しかし何か足りないという空虚な感じがつきまとって少々イライラしていました。付き合っていた彼から結婚を申し込まれ、只このまま普通の主婦として家事と子育てだけに専念するのがなんとなく、物足りなくなる予感を見過ごせない自分がいました。そんな時友人のS子さんに紹介され「あおぞら」さんで「本当の自分探し」の相談とサポートをしてもらいました。幼児時代から高校生までの様々なことの志向性や感情や感性、さらに自分の気質調査、生き抜く力調査分析、生まれ育った家庭環境そして四魂調査まで様々の過去の状況確認と心理分析を行い、本当に自分がやりたい事を探り出す事が出来ました。調査分析の結果最も私が影響を受けていたのは、母方の祖母でした。祖母は独身時代は小学校の養護教諭で結婚を期に家庭に入り家事と子育てをしながらも、好きな家庭料理の研究を続け、料理学校を立上げ現在も現役で頑張っています。私は主人の実家が農家で新鮮な食材も手に入り、毎日楽しく子育てと料理研究そして近所の若い主婦、嫁入り前の娘さん方の家庭料理を教えています。広告会社に勤務していた時より地に足が着いて生きている自分を感じながら毎日が本当に充実しています。現在祖母と同じように、近く料理学校を立ち上げる準備中で忙しい毎日です。

元、ダンボール加工会社工場管理担当 男性 63歳
  勤務していた会社から58歳の時あと2年で定年で定年退職か雇用延長か選択を迫られていました。長年努めていた会社には愛着はありましたが、工場がほとんどIT化してしまい、中々新しい加工技術についていけない不安もありました。60歳になったら本当の自分に合った仕事と余生を楽しみたいと考えていましたが、何が本当の自分に合っているのか、分らず少々焦っていました。そんなおりインターネットで「あおぞら」さんの事を知り、思い切って相談に行きました。年配のカウンセラーの方が人生経験が豊富でとても親切に相談とサポートをしていただきました。まず自分の幼児時代から最近までの志向性、評価された事、熱中した事の調査分析、生まれながらの自己気質、生きる力、感受性調査分析さらに四魂調査をしていただき、自分の本当にやりたい事を掴み取ることが出来ました。現在近所の大きな一戸建ての空き家を借り受け、高齢者のデイサービスをしています。昔から近所の皆さんのお手伝いや人の世話をするのが好きで誉められると、とても嬉しかったことが第二の人生の仕事になりました。妻と娘他にパートのヘルパーの方6人を雇用し毎日がとても充実しています。会社勤めと違い、信頼できる従業員の皆さんに職場を預け家内とは今まで出来なかった旅行を大いに楽しんでいます。あおぞらさんにとても感謝しています。

名もなき詩
Mr.Children(ミスターチルドレン)の10枚目のシングル。


1996年2月5日にトイズファクトリーより発売。
オリコンチャートでの初動売上は1990年代に発売されたシングルでは最高となる約1­20.8万枚を記録し、オリコン史上初となる初動売上のみで100万枚を突破したシン­グルとなった。
 
アーティスト Mr.Children 「名もなき詩」
作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿
 
ちょっとぐらいの汚れ物ならば
残さずに全部食べてやる
Oh darlin 君は誰
真実を握りしめる
 
君が僕を疑っているのなら
この喉を切ってくれてやる
Oh darlin 僕はノータリン
大切な物をあげる
 
苛立つような街並みに立ってたって
感情さえもリアルに持てなくなりそうだけど
こんな不調和な生活の中で
たまに情緒不安定になるんだろう?
でも darlin 共に悩んだり
生涯を君に捧ぐ
 
あるがままの心で生きられぬ弱さを
誰かのせいにして過ごしている
知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中で
もがいているなら
僕だってそうなんだ
 
どれほど分かり合える同志でも
孤独な夜はやってくるんだよ
Oh darlin このわだかまり
きっと消せはしないだろう
 
いろんな事を踏み台にしてきたけど
失くしちゃいけない物がやっと見つかった気がする
 
君の仕草が滑稽なほど
優しい気持ちになれるんだよ
Oh darlin 夢物語
逢う度に聞かせてくれ
 
愛はきっと奪うでも与えるでもなくて
気が付けばそこにある物
街の風に吹かれて唄いながら
妙なプライドは捨ててしまえばいい
そこからはじまるさ
 
絶望、失望 (Down)
何をくすぶってんだ
愛、自由、希望、夢 (勇気)
足元をごらんよきっと転がってるさ
 
成り行きまかせの恋におち
時には誰かを傷つけたとしても
その度心いためる様な時代じゃない
誰かを想いやりゃあだになり
自分の胸につきささる
だけど
 
あるがままの心で生きようと願うから
人はまた傷ついてゆく
 
知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中で
もがいているなら誰だってそう
僕だってそうなんだ
 
愛情ってゆう形のないもの
伝えるのはいつも困難だね
だから darlin この「名もなき詩」を
いつまでも君に捧ぐ

 

「天命と天職を知る」全5行程コース

  1. 生涯発現自己気質の確認
  2. 感動、得意、喜び体験の抽出整理
  3. 貴方の現状における、価値観や行動特性、感じ方の特徴を確認します
  4. 一霊四魂の理論を元に「貴方の人生を貫く天命を」を発掘します
  5. 「天命と天職に沿った生き方」を確実に進めるための大目標、中目標、小目標を作り上げます


■「天命と天職を知る」上記5行程を通した場合の各コースと料金

  (通常料金)   創設25周年記念料金
1. 全5行程1日 調査分析鑑定コース・・・7時間(途中休憩1時間含む) 28000円 を・・・・・ 18800円
  (通常料金)   創設25周年記念料金
2. 全5行程4日間 調査分析鑑定コース・・・1日2時間で4日間 29700円 を・・・・・ 19800円

 

■一霊四魂鑑定のみのコース「貴方の人生を貫く天命を」を鑑定します

  (通常料金)   創設25周年記念料金
1. 2時間で調査分析鑑定指導  14700円 を・・・・・ 9800円

 

*「天命と天職に沿った生き方」を確実に進めるための大目標、中目標、小目標を作り上げる、仕上げコースを追加する場合別途1時間6800円創設25周年記念料金にて承ります

 

 

究極の「天命と天職を知る」全6行程コース(四柱推命鑑定入り)

  1. 生涯発現自己気質の確認
  2. 感動、得意、喜び体験の抽出整理
  3. 貴方の現状における、価値観や行動特性、感じ方の特徴を確認します
  4. 一霊四魂の理論を元に「貴方の人生を貫く天命を」を発掘します
  5. 四柱推命で未来運命と適職を鑑定する
中国2500年の歴史を持つ運命推察の統計理論である四柱推命にて貴方の生年月日、誕生した時刻、気質や性格そして運命などから割り出された適職情報と1〜4まで行ってきたデータとの統合を行います。理論との統合を図ります
  1. 「天命と天職に沿った生き方」を確実に進めるための大目標、中目標、小目標を作り上げます


■究極の「天命と天職を知る」全6行程コース

  (平常料金)   創設25周年記念料金
1. 全6行程5日間 調査分析鑑定コース・・・1日2時間で5日間(6600円×5日間) 36800円 を・・・・・ 24500円
2. 全6行程1日 調査分析鑑定コース・・・8時間(途中休憩1時間含む) 38000円 を・・・・・ 22500円